平成22年6月定例議会 一般質問 (平成22年6月16日 水曜日) [1]

 秋水会の今川雄策です。
 平成22年度のスタートを切る6月定例会において4回目の質問をさせていただく機会を与えてくださいました議員各位、そして、今日に至るまで、若輩である私に御指導くださいました皆様に感謝を申し上げます。
 昨年8月の総選挙において、多くの国民の選択は、政権交代という新しい政治の流れを望んだ結果となり、3党による連立政権を誕生させました。閉塞感漂う 現状の自民党政治への不満、日常的な政治と金にまつわる旧態依然の政治に対する不信など、現状を打破しようとする、目には見えない国民の心の結集であります。日本の形そのものが変わるというアピールと、旧政権の政策をかたくなに否定し、大転換させることで、国民の期待もさらに高まりました。しかしながら、 民主党政権下においても、相変わらずの政治と金の問題、大きな期待を持たせながらことごとく裏切ったマニフェスト、家族のきずなを再生させようという中において、家族のそのものを解体に結びつかせ、日本の家族制度そのものを否定し、変えようとし、夫婦別姓は男女平等夫婦というものに結びつけようとする、選択的夫婦別姓制度を導入させようとするなど、日本の歴史や伝統・文化までも変えてしまおうとすることが、多くの国民が望み、選んだ政権交代の代償だったのかと考えてしまいます。
 「日本列島は日本人だけのものではない」などという、日本の最高リーダーとして、みずからの国を愚弄した鳩山首相は、3党連立が崩れ、突如退陣し、その後、新しい内閣が発足しました。国政の混乱を地方の政治や国民生活の場に持ち込んではならないし、多くの国民が期待を寄せ、望んだ政権交代とは、かけ離れたものとなっている現状です。このようなときだからこそ、本市を初めとする地方自治体は、地べたに足をしっかりつけて、着々とみずからの地域の安定した運 営を心がけていくことが重要であると考えます。
 それでは、任期最後の登壇と心得て、真摯な気持ちを持って、通告に従い質問を申し上げたいと存じます。このような観点から、質問の幾つかが所管の常任委員会の範囲に及ぶことをお許し願いたいと存じます。
 ◇初めに、市長の政治姿勢についての(1)、市長公約の実現見通しについてであります。
 昨年の4月、多くの市民の負託を得て、生まれ育ったふるさと秋田市の市長に就任されてから1年が経過しました。以来、市議・県議時代と同様に、精力的に 機動力あふれる動きをされ、さまざまな市民の声に耳を傾けながら、元気な秋田市の復活に向けて邁進されており、身近な存在で気さくな市長だという市民の声 を聞きます。
 さて、市長はみずからの選挙戦において、市民に対し多くの公約を掲げられました。今年度予算の編成においては、経済雇用対策、子育て支援、環境・地球温暖化対策、エイジフレンドリーシティ構想の推進の4つを重点施策として位置づけ、秋田市を元気にするための、その公約の実現に向けた積極的予算を組まれました。積極予算の反面、歳入の根幹をなす市税の減収、地方交付税のあり方の変化などに伴い、厳しい歳入環境であることは否定できない現実であります。市長 が掲げる公約の実現に多くの市民が大きな期待を寄せていることを考えた場合、その実現に向かって、全庁挙げて知恵と工夫を出し合い、さらに邁進することが肝要と思いますが、一方では、現実的に、そのすべての公約の実現は難しいのではないかという意見もあります。政権与党である民主党のいわゆるマニフェストの有言不実行の実情を見るにつけ、市民の間でも、政治や行政に対する目はさらに厳しいものとなっております。私たちも常に原点回帰を心得なければなりませ ん。
 そこで、アとして、市長公約の進捗状況と今後の取り組みについて。
 イとして、今後、市民との間に結んだ約束について、現在の厳しい財政状況から、見直しや変更をしなければならない公約はあるのかどうかをお知らせください。
 次に、(2)として、副市長について伺います。任期途中に御逝去されました飯塚副市長、また区切りのよい時期に後進に道を譲るとした大山副市長にかわり、2月臨時会では石井副市長が、2月定例会では中川副市長が選任されました。穂積市長がみずからの見識で白羽の矢を立てた2人の副市長が就任し、ようや く新たな体制が整ったわけでありますが、約3,000人の職員を抱え、巨大で、ともすれば、縦割り行政になりがちな秋田市役所の組織をどう統括されるか、今から期待を寄せるものであります。この難しい時代だからこそ、組織をうまく活用し、秋田市を間違いのない方向に導いていただきたいと願うものであります。そのためには、市長の強いリーダーシップのもと、いかに副市長から全力を注入してもらうかにもかかっているものと思います。

→ 平成22年6月定例議会 一般質問 [2]
© 秋田県議会議員 今川雄策|公式サイト