平成23年4月17日(日)告示 平成23年4月24日(日)投開票

 「若い力。心ひとつに 頑張ろう秋田!」「若い力で秋田市の未来を切り拓く」をスローガンに、いよいよ2期目の戦いがスタート。17日の告示日に行われた出陣式には、会場を埋め尽くす熱気溢れる約300名の支持者の皆様がご参集下さり、中村芳夫後援会会長、ご来賓の方々、そして立候補者・今川雄策からのお願いと決意表明の後、若い力のスタッフの掛け声で「必勝・ガンバローコール」。2期目の厳しい選挙戦がスタートしました。

 このたびの戦いは、午前8時から午後6時までの宣車1台による運動、と決め展開。午後6時以降は宣車を使用せず、選挙戦初日から最終日までの期間、候補者とスタッフが地元地区内のすべての町内会ごとに予定を組み、短時間での街頭演説を行いました。勿論初の試みであり、どのくらい浸透できるか不安もあったものの、各会場には驚くほど多くの方が集まって下さいました。まだまだ肌寒い時期であり、あいにくの雨模様の日もありましたが、短い時間での街頭からのお訴えをさせていただくことにより、候補者は参加者と肌と肌で触れ合うことができる貴重な時間をいただき、充実した選挙戦をすることができました。

 大雨の選挙戦最終日。候補者とスタッフは地元地区内をくまなく歩き、走り、多くの皆様方があたたかく力強い握手や激励、そして感動の涙で激励をしてくださり、最後は候補者の地元町内会において街頭演説。沿道には大勢の方々が出迎えてくださいました。心あるあたたかい眼差しの中に光るもの。生まれ育った地元の皆様方の絆の強さに感謝あるのみ。
 とにかく歩き、走りまわった選挙戦。肌と肌を触れ合う細かく動きまわった選挙戦。絆の強さにあらためて感謝を持った2期目を目指した選挙戦…。

 4月24日(日)投開票日。結果を待つ選挙事務所には続々と支持者の方々が集まってくださり、事務所に入りきれない状況で、急遽事務所前にテントを設置。なかなか開票状況が分からないまま時間だけが経過。日付がかわる頃に第一報。選管発表、開票96%。「今川雄策…」。長く厳しい選挙戦でありましたが、2期連続の2位当選という結果。中村芳夫後援会会長の当選報告とお礼の言葉。八代弘二後援会副会長の大きな大きな掛け声で、集まった多くの支持者の方々とのバンザイ。今川雄策候補者からのお礼と決意の挨拶。
 おかげさまで2期目の厳しい厳しい戦いを乗り越えることができました。
 早い段階からすべてのボランテイアとしてご協力をいただきました後援会・スタッフの皆様、選挙期間中お世話になりました運転担当・ウグイスの皆様と毎日手料理の食事を提供してくださいました食事担当の皆様、そして大きなお力添えをくださいましたすべての皆様に心から感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。

© 秋田県議会議員 今川雄策|公式サイト